飲食店営業許可

飲食店営業許可 接待行為を伴う飲食店の営業を始めるには、風俗営業許可のほかに、都道府県知事に飲食店営業許可を申請する必要があります。また、営業許可を取得するためには、各都道府県が定めた施設基準に合致した施設をつくることが […]

続きを読む…

申請に必用な書類

申請に必用な書類 風俗営業許可申請を行う場合、下記の書類を、営業所を管轄する警察署の生活安全課保安係に提出します。 なお、申請の内容によっては追加書類の提出が必用な場合もあります。 (1)許可申請書 (2)営業の方法を記 […]

続きを読む…

場所的要件

場所的要件 カフェー、バー、キャバレー、クラブなど、どの風俗営業にも、各都道府県の条例による出店地域の規制があります。 従って、後述の出店地域・保護対象施設については、都道府県によって異なる場合がありますのでご注意下さい […]

続きを読む…

構造的要件

構造的要件 構造的要件とは、施設の面積、構造、設備等について定められた基準です。風俗営業許可の種類によって下記のように規定されています。 風俗営業1号、3号 1.客室の床面積は、1室66㎡以上(ダンスをさせるための客室の […]

続きを読む…

人的要件

人的要件(営業が許可されない者) 人的要件とは、風俗営業許可を受けようとする申請者や管理者自身の風俗営業を行うための条件を定めたものです。 以下の事項に該当しない限り問題ありません。 1. 成年被後見人若しくは被保佐人に […]

続きを読む…

風俗営業とは

風俗営業許可が必要な業種として、ラウンジやバー、ダーツバー、クラブ、またパチンコ店やマージャン店、ゲームセンターなどの店舗が該当します。風俗営業を行うためには、管轄の警察署に申請を行い、公安委員会から許可をもらわなくては […]

続きを読む…