特別方式の遺言

特別方式の遺言 普通遺言ができない特別な状況にある場合は特別の方式による遺言をすることができます。 特別方式の遺言には、一般危急時遺言、伝染病隔離者遺言、在船者遺言、船舶遭難者遺言の4つがあります。 一般危急時遺言 一般 […]

続きを読む…

秘密証書遺言

秘密証書遺言 秘密証書遺言とは、遺言の内容を秘密にしながら遺言の存在を公証人に証明してもらうというものです。 秘密証書遺言は、次のようにして作成されます。 1. 遺言者が遺言書に署名押印する 2. 遺言者が作成した遺言書 […]

続きを読む…

公正証書遺言

公正証書遺言 公正証書遺言は、公証人に作成してもらう遺言です。公証人が作成するので要件の不備で無効になることはまずありません。 公正証書遺言の要件 1. 証人2人以上の立会いがあること 2. 遺言者が遺言の趣旨を公証人に […]

続きを読む…

自筆証書遺言

自筆証書遺言 自筆証書遺言は最も簡単に作成することができる遺言ですが、法律上、全文、日付、氏名を自書し、 遺言書に押印しないと無効となってしまいます。 全文を自書する 自筆証書遺言は、全文を自筆で書かなければなりません。 […]

続きを読む…

相続欠格

相続欠格 相続人が不正な利益を得るために違法な行為をしたり、被相続人に対して犯罪行為を犯した場合は、相続人の資格を失います。これを「相続欠格」と言います。「相続欠格」は手続きの必要はなく、遺言よりも強い効力を持ちます。 […]

続きを読む…

遺言の取り消し

遺言の取り消し 遺言者が遺言書を作成後、時が経つのや心境の変化などにより、遺言の取り消しをしたいと思った場合は「遺言者はいつでも遺言の方式に従って、その全部又は一部を取消すことができる」と民法で定めています。よって、遺言 […]

続きを読む…

遺言の種類

遺言の種類 遺言の方式には普通方式と特別方式の2種類があります。特別方式は、死期が迫っている場合などの特殊な状況下にのみ用いられる例外的な方式です。そのため、一般的に遺言を作成する場合は普通方式が用いられます。 普通方式 […]

続きを読む…

遺言執行者

遺言執行者 遺言は書いただけでは実現することができません。 相続財産の中に不動産や預貯金などがあれば名義変更の手続をしなければなりません。また、相続人の廃除や認知などの手続きをしなければならないときもあります。 このよう […]

続きを読む…

遺言できる人

遺言できる人 遺言は誰もができるものではなく、遺言書を作成できる者は法律で決まっています。満15歳に満たない未成年者と、遺言する能力のない者については遺言書を作成することはできません。遺言できる人は以下の条件が必要になり […]

続きを読む…

遺言でできること

遺言でできること 遺言は、法律で定める方式に従わなければ、することができません。そして、遺言によってすることができる行為は法律で決められていて、それ以外の事項を定めても、法的には意味がありません。 遺言によってできる行為 […]

続きを読む…