古物営業者の義務

古物営業法は、「盗品等の売買防止」「盗品等の速やかな発見」を図ることを目的としています。したがって、古物営業者は、古物営業法を遵守し、窃盗その他の犯罪の防止を図り、被害の迅速な回復に努めるため、様々な義務が課せられていま […]

続きを読む…

ホームページでの古物営業

ホームページでの古物営業 ホームページ上で古物の取引を行おうとする場合は、公安委員会への届出(URL届出)が必要です。 URL届出 新たにホームページを開設して古物の取引を行ったり、オークションサイトにストアを出店する場 […]

続きを読む…

許可後に必要な手続き

既に取得した古物商許可証の書換や変更、また許可証の紛失などで再交付を希望する場合には、それぞれ手続きが必要となります。 古物商許可証の書換申請・変更届出 古物商の許可証に記載のある事項(許可者の氏名又は名称、住所、法人の […]

続きを読む…

古物商許可申請の方法

古物商許可の申請窓口、手数料、申請の流れなどは下記のとおりです。なお、許可申請の流れについては、警察署によって異なる場合がありますので、事前に管轄警察署で確認して下さい。 古物商許可の申請窓口 古物商、古物市場主の許可申 […]

続きを読む…

古物商許可申請に必要な書類

古物商許可申請に必要な書類 提出を求められる書類は、全国共通で必須のものと、各警察署によって異なるものとがありますので、事前に管轄警察署で確認して下さい。なお、用意する書類は、個人事業として申請する場合と法人として申請を […]

続きを読む…

行商について

露店、催し物場への出店など、自身の営業所以外の場所で古物営業を行うことを「行商」と言います。 行商に該当するケース 下記のようなケースに該当する場合には、許可の内容が「行商する」になっていることが必要です。 ・定期的に開 […]

続きを読む…

古物営業に関する罰則

無許可で古物商を営むなど、古物営業法に違反した場合には、下記の罰則が科せられますので注意が必要です。 古物営業法違反罰則一覧表 違反条文 項目 適用罰条 罰則内容 第3条 無許可営業 第31条第1号 3年以下の懲役又は1 […]

続きを読む…

古物商許可の欠格要件

古物商許可の欠格要件 古物商の許可を受けるためには、下記の欠格事由にひとつも該当しないことが要件となります。 欠格事由(古物商の許可を受けられない者) (1)成年被後見人、被保佐人(従来、禁治産者、準禁治産者と呼ばれてい […]

続きを読む…

古物商許可とは

古物商許可とは 古物商許可とは、「中古品の売買を行うために必要な許可」のことを言います。古物の売買、交換等を目的とする事業を始めるには、都道府県公安委員会(管轄は営業所のある警察書)から古物商の許可を得る必要があります。 […]

続きを読む…