帰化申請後の手続

帰化申請後の手続 帰化申請後(許可前) 帰化申請後に下記事情が生じた場合は、法務局へ連絡が必要です。これらの事項に変更があった場合は、追加書類の提出を求められることがあります。 住所や連絡先に変更があった 婚姻・離婚・出 […]

続きを読む…

中国人の帰化申請

中国人の帰化申請 中国人の方が帰化申請の際に必要となる公証書 中国には、日本のような戸籍制度というものがありませんので、国籍・身分関係を証するための公文書として「公証書」という証明書を発行しています。公証書は、証明する項 […]

続きを読む…

韓国人の帰化申請

韓国の戸籍制度廃止による、帰化申請書類について 2008年1月1日、韓国の戸籍制度は廃止され、新しく家族関係登録簿制度が開始されました。この新制度により、帰化申請に必要な書類(身分関係の証明書)も変更となりました。従来の […]

続きを読む…

帰化申請に必要な書類とは

必要な書類は申請者の在留資格、職業、国籍、年齢、家族構成などにより必要な書類が異なってきます。一般的には下記の書類です。 申請書類作成上の注意 ●用紙は、紙質の丈夫なものを使用し、記載する文字は、日本語で正確かつ丁寧に記 […]

続きを読む…

帰化申請の手続

必要書類を収集・作成するのに約1~2ヶ月、帰化を法務局に申請してから面接に至るまで約2~3ヶ月を要し、面接から許可されるまでに約4~6ヶ月がかかります。全体で約1年程度かかります。 法務局に申請 帰化申請に必要な書類が揃 […]

続きを読む…

簡易帰化の要件

簡易帰化の要件は、普通帰化の要件が一部緩和されたものとなります。ただ、簡易帰化を申し立てることができるのは、日本人と一定の身分関係がある人に限定されています。国籍法により区分けされ緩和要件が異なっていて、 簡易帰化はご自 […]

続きを読む…

普通帰化の要件

帰化申請が認められるためには、下記の要件をすべて満たしている必要があります。 引き続き5年以上日本に住所を有すること ここでいう「引き続き5年」とは、ずっと継続して日本に住むという意味です。 例えば、5年間の間で、中断が […]

続きを読む…

帰化とは

帰化とは 帰化申請とは、外国人が法務大臣の許可を得て、日本国籍を取得し、日本人になることです。 原則として、日本では国籍はひとつしか持つことができませんので、帰化をして日本国籍を所得した場合は現在の国籍を失うことになりま […]

続きを読む…

資格外活動許可申請

資格外活動許可申請 日本に在留する外国人が、現在与えられている在留資格に許容されていない収入を伴う事業を運営する活動または報酬を受ける活動(収益活動)を臨時的にまたは副次的に行いたい場合に必用な申請となります。 留学生や […]

続きを読む…

就労資格証明書交付申請

就労資格証明書交付申請 就労資格証明書とは、日本に在留する外国人が、取得している在留資格で合法的に就労することができるかどうかについて、法務大臣が具体的に証明した文書のことです。 就労資格証明書の交付申請は、法的に義務付 […]

続きを読む…