公共工事を受注するには

公共工事を受注するには 営業戦略として公共工事事業への参加を希望する場合は、建設業許可申請、経営事項審査申請(経審)を受けた上で、工事の受注を希望する各官公庁への「競争入札参加資格申請」を受けている必要があります。 公共 […]

続きを読む…

建設業許可の業種追加

建設業許可の業種追加申請 建設業許可の業種は要件があれば追加申請することが可能です。但し、ここでいう「建設業許可の業種追加」とは、一般建設業の許可を受けている者が他の業種の一般建設業許可を、特定建設業の許可を受けている者 […]

続きを読む…

建設業許可の更新

建設業許可の更新 建設業許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可日の前日をもって満了となります。有効期間の末日が行政庁の休日(日曜日など)であっても同様です。引き続き建設業を営む場合は、期間の満了する日の30日前 […]

続きを読む…

建設業許可の要件

建設業許可を受けるための要件について 1.常勤役員(個人事業者の場合は当該個人又は支配人)のうちの一名が経営業務の管理責任者としての経験を有する者(建設業の経営に関する一定以上の経験を有する者)であること 2.営業所ごと […]

続きを読む…

建設業許可申請手続

建設業許可申請手続きの流れ ①建設業許可申請書類の作成 ↓ ②手数料等の納付 ↓ ③行政庁(国土交通大臣又は都道府県知事)への申請書類の提出 という手続をとります。なお、建設業許可申請書類には、「法定書類」とそれ以外の「 […]

続きを読む…

建設業許可の29業種

建設業許可の29業種 許可業種は、大別すると土木系、建築系に分けられ、以下29業種に分けられています。許可はそれぞれの業種について個別に行われますので、例えば土木一式工事の許可を持っているからといっても、 とび・土工工事 […]

続きを読む…

建設業許可変更の届出

建設業許可に関する変更の届出 建設業許可を受けた者は、毎営業年度が終了から4ヶ月以内に「決算変更届(営業年度終了報告)」を提出しなければなりません。また、商号、営業所、資本金額、役員、支配人、令3使用人、経営業務の管理責 […]

続きを読む…

建設業許可に必要な費用

建設業許可申請に必要な費用 建設業許可の申請手数料は、一般建設業許可、特定建設業許可別に、それぞれ以下の表により納入します。 申請区分 手数料 知事許可 新規、許可換え新規、 般・特新規 手数料  90,000円 (現金 […]

続きを読む…

建設業許可の種類

建設業許可の種類 建設業許可には、知事許可と大臣許可があります。 建設業を営む営業所が、一の都道府県のみにある場合は「各都道府県知事」、二以上の都道府県にある場合は「国土交通大臣」が許可者となります。これをそれぞれ「知事 […]

続きを読む…

経営事項審査

経営事項審査 経営事項審査の概要 経営事項審査とは、建設業者の方が公共工事を直接請け負うとする場合に受審が義務付けられている建設業法に規定された審査制度です。 また、経営事項審査には有効期限があるため、常時公共工事を受注 […]

続きを読む…